ヨハン・セバスティアン・バッハ

写真:ヨハン・セバスティアン・バッハ

発売予定日:2019年3月20日(水)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック5月号は3月20日(水)発売です
定価1,030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック5月号の主な内容

特集:バッハとマタイ受難曲

 イエス・キリストが十字架にかけられ、3日目に復活した復活祭(イースター)はキリスト教徒にとって最も大切なお祭り。今年の復活祭は4月21日(西方教会)で、復活祭の前日までの1週間が受難週といわれる。キリストの受難(裁判と処刑)を描いた受難曲は受難週に演奏された。多くの作曲家が受難曲を書いたが、今日もっとも知られるのはバッハがマタイによる福音書をもとに作曲した「マタイ受難曲」だろう。この曲は1727年、ライプチヒで初演されたが、忘れられ、1829年、メンデルスゾーンが復活上演し、今日に至っている。美しい旋律に劇的な構成は、オペラ以上にドラマティック。キリスト教徒でなくともとても魅了される。「マタイ受難曲」だけでなく、バッハの魅力を探る特集をお届けします。

Other Contents

●広島交響楽団ミュージック・フォー・ピース・コンサート