シューベルト

写真:モーツァルト

発売予定日:2019年7月20日(土)
定 価:1,030円(税込)

次号予告

モーストリー・クラシック9月号は7月20日(土)発売です
定価1030円(税込)お求めはお近くの書店で

モーストリー・クラシック9月号の主な内容

特集:「レクイエム」
    モーツァルト、ヴェルディ、フォーレの3大レクイエム

 モーツァルトは1791年8月、訪ねてきた見知らぬ男から「レクイエム」の注文を受けます。依頼主は匿名です。しかし、「魔笛」の作曲などで忙しくなかなか取りかかれませんでした。そのうち体調を崩し、病床でも作曲を続けましたが、12月5日、35歳で亡くなってしまいました。当然、「レクイエム」は未完です。死後、モーツァルトは死の世界からの使者の依頼で、自分自身のための「レクイエム」を書いた、という伝説が流布されます。
 「レクイエム」は、カトリックで死者の安息を願うミサのことです。またはそのミサ曲を言います。かつて日本では「鎮魂曲」と言われましたが、これは間違いです。中世から数え切れないほどの作曲家が「レクイエム」を書きました。中でも、このモーツァルト、ヴェルディ、フォーレの作品は3大レクイエムと言われます。「レクイエム」とは何か、その魅力を探ります。

Other Contents

●チャイコフスキー国際コンクール

【おことわり】
諸石幸生氏の「巻頭言 音楽探求の旅」と「歴史的名盤とオーディオ」は、筆者の都合で休載いたします。